まけてぃん!

韓国企業のIRや決算などを翻訳・解説していくブログです。

【翻訳解説】ファーウェイ締め出し!加速する米中貿易摩擦!韓国経済への影響は?

ファーウェイ締め出しをはじめとする米国の中国への圧力がすごいですね…米中貿易摩擦はどこまで行ってしまうのでしょうか。心配になります…

個人的にはiPhoneには中国のファウンドリーが必要だと思いますし、ファーウェイには米国の技術を使ったソフト、ARM社の技術などが必要だと思います。お互いに必要としあっているはずです。政治的に使われてしまうのは関係者各位大変だなぁとおもいます。

今回まけてぃん!では韓国経済に米中貿易摩擦がどのように関わってくるのかKISDI(情報通信政策研究院)のレポートを参考にまとめていきたいと思います。

 ソース

KISDI(情報通信政策研究院)のレポートを参考にしました。

http://m.kisdi.re.kr/mobile/prem/pre_view.m?controlNo=14384&&selectPage=1

 

韓国の対中国の輸出の内、米国に再輸出される比率は総輸出の約5%に満たない

우리나라 對중국 수출(2014년기준)이 미국으로 재수출되는 비율은 5%에 불과하고 이에 대한 ICT비중(71.5%)을 고려할 때 對중국 총 수출의 3.6% 수준
※ 한국의 對中 수출은 최종재(31.3%)와 중간재(68.7%)로 구성, 중간재의 최종귀착지는 중국(43.8%), 미국(5%), EU(4.3%), 일본(2%), 한국(0.8%), 제3국 24.1%(권태현 외, 2016)
- 對中 중간재 수출품의 미국으로 재수출 비중은 점차 감소하는 추세: 8.8%(2009년) → 5.0%(2014년)

韓国の対中輸出は最終財(31.3%)中間財(68.7%)で構成されており、中間財のうち最終帰着地は中国(43.8%)米国(5%)EU(4.3%)日本(2%)韓国(0.8%)第3国(24.1%)となっているようです。

さらに中国を経由し米国に最終的に再輸出される製品の比重は2009年には8.8%あったものが2014年に5%になっているように減少傾向にあるようです。

米中現地法人の韓国企業の売上の大部分は現地もしくは韓国なので影響はない←これは…どうなんでしょう?

미·중 현지 법인 기업의 매출은 대부분현지혹은한국으로의수출을통해발생, 양국간의무역 분쟁에 의한 직접적인 영향은 제한적일 것으로 전망
- 전기전자 부문 해외 진출기업의 매출 중 제3국으로의 수출 비중은 약 12%(2016년 기준)에 불과

米中現地法人の韓国企業の売上の大部分は現地、もしくは韓国への輸出であり、米中貿易摩擦による直接的な影響はない。としています。

また電子機器部門の海外進出企業のうち、第三国への輸出比重は約12%にみたない。としています。

f:id:k-market-reserch:20190522232225p:plain

こちらの表がのっていたので翻訳したものを作りました。

米中進出韓国企業の売上比重(2016年度)

米中進出韓国企業の輸入比重(2016年度)


こちらをみると、確かに現地や韓国への輸出入が大半を占めておりますが、問題となっている中国から米国へ、米国から中国への輸出入量はわかりにくい状態となっています。

結論:韓国は米中両国の相互輸入制限処置により代替財供給を通した輸出拡大を期待している

對중국중간재수출이많은한국과대만등이가장큰영향을 받을 것으로 예상이 되나, 반대로 양국의 상호 수입제한조치로 인해 우리나라는 대체재 공급을 통한 수출 확대를 기대해 볼 수도 있음

 対中国の中間財輸出の多い韓国と台湾は米中貿易摩擦により影響を受けると予想されるが、両国の相互輸入制限処置が行われれば、代替として韓国製品を供給するようになり、輸出拡大を期待することもできる。としています。

日本も好機。頑張って欲しい

ファーウェイと取引があるということで三菱電機でしたり一部企業が叩かれておりますが、、日本企業を応援するのであれば、ファーウェイにこれまで米国が入れていた部品を日本企業に入れてもらいたいですね。

【決算翻訳】韓国5G関連で注目されているHCT(에이치시티)2019Q1売上高は前年同期36%増の108億ウォン

5Gサービスが始まった韓国ですが、DARTの閲覧数ランキングをみると、5G関連の電磁波テストを行っているHCT(에이치시티)が上位にランクインしていたので、詳しく見ていきたいなと思います。

DARTの閲覧数ランキングについてはこちら

www.k-market-reserch.com

 

HCT Co.、Ltd.とは

韓国版ウィキペディアではこんな風に紹介されています。

HCT Co.、Ltd.は、大韓民国のKCC認証、FCC、CEの認証を含む各国の認証を行う試験機関である。また、校正事業と粒子カウンター、アンテナ開発事業も行っている。

2000年現代電子から分社化して設立されたため、最初の会社名は、現代校正証明書院法人(현대교정인증기술원 법인)であったが、2007年「HCT Co.、Ltd.」に変更された。韓国と中国、米国に支社を持っている。*1

現在KOSDAQ上場企業で、KOSPI上場企業に比べると企業の規模は小さめです。

2019Q1実績 売上高は前年同期36%増の108億ウォン

2019年5月7日に公開された連結財務諸表では売上高は前年同期比36%増の10,820百万ウォンでした。営業利益は前年同期比80.61%増の1,644百万ウォンでした。

dart.fss.or.kr

 

5Gのサービスが開始し、スマートフォンだけでなく自動車を始め様々なサービスへの応用が考えられているので、こう言った認証機関や校正サービスは注目されていくのでしょうね。

 

www.k-market-reserch.com

 

 

 

【이니스프리決算翻訳】イニスフリー売上高 2年連続減少してた…

日本だけでなくアジアで大人気の韓国プチプラコスメメーカーのイニスフリー(innisfree 이니스프리)の決算をみていきたいと思います。

 

www.innisfree.com

 

 

 

イニスフリーは事業報告書がなかったので、監査報告書にある財務諸表の中の、損益計算書から売上高や営業利益などをみていきます。

ソースはいつものようにDARTになります。イニスフリーのHPもIR項目がありますが、財務諸表のみのっています。

dart.fss.or.kr

 

innisfree(이니스프리)損益計算書 売上高 営業利益 当期純利益 まとめグラフ

直近4期の損益計算書をまとめると上グラフのようになります。

2016年1月〜12月期に売上高を始め各項目は最高になり、その後2017年、2018年と減少傾向にあります。

2018年12月期の売上高は5,989億ウォンで約600億円です。2017年12月期の売上高は6,420億ウォンで約640億円と2018年も売上は減少していることがわかります。

 

innisfree(이니스프리)損益計算書 売上高 営業利益 当期純利益 まとめ表

前年比の成長率を元に詳しくまとめた表が上表になります。

売上高は前年を下回る結果になり、売上原価や販管費の減少率が売上高の減少率に比べ少ないので、利益を圧迫する形になっています。

2017年何があったのでしょうか…気になりますね。当時の監査報告書をみてもわからなかったです。詳しい方コメントやTwitterで教えて欲しいです。

 

 

www.k-market-reserch.com

 

 

 

 

【2019/4/28注目銘柄】韓国国内注目企業Top13(DARTランキング・KRX)

本サイトでもかなりお世話になっている韓国金融監督院の運営しているDART(Data Analysis, Retrieval and Transfer System)ですが、注目企業項目のランキング(많이 본 문서 直訳:たくさんみられている文章)が提示されています。

韓国国内のトレンドや注目度合いを測るのには一つの良い指標となるのかと思います。GWに韓国旅行に行く方はちょっと注意して探してみてはいかがでしょうか?

2019年4月28日時点でのランキング は以下のようになっています。

 1位 파트론(PARTRONCO.,LTD)

  • KOSDAQ
  • 電子部品製造業

www.partron.co.kr

アンテナなどのRF製品を製造しているみたいです。

資源開発進捗状況がランクイン

2位 현대약품(HYUNDAI PHARMACEUTICAL CO., LTD)

  • KOSPI
  • 医薬品製造業

www.hyundaipharm.co.kr

こちらの分期報告書(2018年12月1日〜2019年2月28日)がランクイン。先週1位でしたが引き続き2位と注目度は高いですね。

 

 

 

3位 엔에이치기업인수목적13호(NH SPECIAL PURPOSE ACQUISITION 13 CO., LTD.)

  • KOSDAQ
  • 金融業

サイトは…探したのですがみつかりませんでしたっ…(某調査兵団風)

どうやら2018年12月に上場したばかりのようです。

www.yna.co.kr

分期報告書がランクインしました。 

 

4位 S-Oil(S-Oil Corporation)

  • KOSPI
  • 石油精製業

www.s-oil.com

 

連結財務諸表がランクインしました。

 

5位 국보(KUKBO TRANSPORTATION CO.,LTD)

  • KOSPI
  • 一般貨物自動車運送業

www.kukbo.com


主要事項報告の項目がランクインしています。

 

6位 에프티이앤이(Finetex EnE, Inc.)

  • KOSDAQ
  • 合成繊維製造業

www.ftene.com

 

主権売買取引停止解除のお知らせがランクイン。

 

7位 삼성에스디에스(SAMSUNG SDS CO., LTD.)

  • KOSPI
  • コンピュータシステムの統合コンサルティングと構築サービス業

www.samsungsds.com


連結財務諸表の項目がランクインしています。

 

8位 에프티이앤이(Finetex EnE, Inc.)

6位でランクインしているエフティーE&Eがその他市場案内の項目でランクイン。

 

9位 이엠따블유(EMW Co., Ltd.)

  • KOSDAQ
  • 通信、放送設備製造業

www.emw.co.kr


定期株主総会の結果の項目がランクイン。5G関連なのか通信、電波系がランクインしていますね。 

 

10位 삼우엠스(SamwooEms co., Ltd)

  • KOSDAQ
  • 携帯電話製造業

HPはドメインが切れてました汗

その他経営事項がランクイン

 

11位 삼성전자(SAMSUNG ELECTRONICS CO,.LTD)

  • KOSPI
  • 電子機器メーカー

www.samsung.com

サムスン電子が先週に引き続きランクイン。先週は9位でしたが、今週は11位。先々週は4位でしたね。

 

 

12位 이에스브이(ESV Inc.)

  • KOSDAQ
  • システムソフトウェア開発

www.esv.co.kr


ドライブレコーダーなどをやっているみたいですね。

こちらの不誠実公示法人指定予告がランクイン。

 

13位 하츠(HAATZ Inc.)

  • KOSDAQ
  • 家庭用電気機器製造業

www.haatz.com

営業実績の項目がランクイン。

 

 

【決算翻訳】BTS(防弾少年団)所属のBigHitエンターテインメント2018年12月期売上約2,142億ウォン〜前年から131%の成長!!

Big Hit Entertainment Logo with Background.svg

BTSの新曲「Boy With Luv」が話題になっていますね。

 

www.youtube.com

もしかするとBTSが所属している事務所「BigHitエンターテインメント」の売上だったり、今後の方針が気になる方もいるかも…ということで、決算報告書をまとめていきたいと思います。

BigHitエンターテインメント(빅히트엔터테인먼트)とは

www.bighitcorp.com

韓国WikipediaからBigHitエンターテインメントの説明を一部抜き出して持ってきました。

Bighit Entertainmentは、大韓民国の芸能事務所である。

1997年から2005年までのJYPエンターテイメントの作曲家として活動したパン・シヒョクがJYPから独立し、2005年2月1日に設立された芸能・エンターテイメント業種の中小企業である。

初期からJYPとの提携関係であり、戦略的に非常に近い関係にある。

2018年12月期 売上

f:id:k-market-reserch:20190427170222p:plain

DARTの損益計算書を元にグラフを作成するとこんな感じです。

BigHitエンターテインメントの売上高は2016年12月期には約352億ウォン(約35億円)だったものが、2017年12月期には約924億ウォン(約92億円)、今期の2018年12月期には約2,142億ウォン(約214億円)と毎年2倍以上の成長を遂げています。

f:id:k-market-reserch:20190427170547p:plain

次は成長率や他の売上原価や販管費も含めて見てみましょう。

売上高の成長率は2倍以上を維持しているものの、少しずつ成長率は下がっています。もちろん売上高が大きくなるほど低減していく流れは経済では普通なので大丈夫です(?)

売上原価も規模が大きくなるにつれて大きくなり、売上高に対する営業利益の割合なども少なくなっていくと思われます。

 

成長し続けるK-POP市場

www.oricon.co.jp

K-POP市場が274億円になったと話題になりましたね。

韓国の音楽はやはり日本のファンに支えられている面も大きいと思われます。

今回調べたBigHitエンターテインメントもBigHitエンターテインメントJapanを100%子会社としています。

f:id:k-market-reserch:20190427171558p:plain

それにしても芸能事務所の成長度半端ないですね…

S&Mエンターテイメントも調べているのでご一緒にどうぞ!

 

www.k-market-reserch.com

 

 

TWICE DEBUT SHOWCASE

TWICE DEBUT SHOWCASE "Touchdown in JAPAN"(DVD)